スポンサードリンク


ヨーグルトメーカーとLG21


ヨーグルトメーカーとはヨーグルトを自家製で簡単に作れる機械のことです。

ヨーグルトメーカーを使えば市販のヨーグルト買わずに、自分好みのオリジナルのヨーグルトを作ることができます。

ヨーグルトメーカーに牛乳・ヨーグルトなどの材料を入れてセットすれば、あとは自動的にメーカーがヨーグルトを作ってくれますのでたいへん簡単で便利です。

メーカーを使ってのヨーグルト作製手順は本当に簡単です。

最初に、専用容器を煮沸消毒します。

雑菌が入っていると、必要な菌だけではなく雑菌も増殖してしまうので丁寧にやってください。

煮沸消毒後は、容器で牛乳とヨーグルトを混ぜまて、ヨーグルトメーカーにセットします。

あとは発酵してできるのを待つだけです。

注意点としては、牛乳は成分無調整のものがベストです。

低脂肪牛乳でもできますが、しっかり固まらないことあります。

その他の注意点としては、出来上がりが怪しい場合は、ヨーグルト菌以外の菌が繁殖している可能性もあるので無理せず廃棄するようにしましょう。

最近では、人気のLG21をヨーグルトメーカーを使って培養しようとする人も多いみたいです。

しかし、LG21は特殊な乳酸菌なので、培養できないという話もありますので注意してください。
| ヨーグルトメーカーなどLG21作り方

LG21は培養できる?


LG21培養している人は多いみたいです。

培養の仕方は、ヨーグルトメーカーを使ってLG21のヨーグルト菌と牛乳を混ぜて作る人もいれば、ヨーグルトメーカーを使用せず、密封容器にこれらを入れ温度調節をしてヨーグルトを作っている人もいます。

一般的なヨーグルトは、どちらの方法を使っても簡単に乳酸菌を培養することができるのですが、LG21の乳酸菌は特殊な菌の為、この方法で増殖出来きるかわかっていません。

この乳酸菌は特殊な環境でしか増えない可能性も十分にあります。

なぜ特殊かと言うと、LG21の乳酸菌は、胃粘膜に付着して乳酸を分泌し、胃の粘膜の奥にいる胃炎などの原因となるピロリ菌を溶かすことができるからです。

胃の内部のような強い酸の中では、普通の菌は生存することが出来ないので、この乳酸菌が特殊だということがわかります。

このヨーグルトを培養した場合、LG21は増殖していなくても一緒にはいっているビフィズス菌やサーモフィラス菌は培養されるので、ヨーグルトとしては栄養がなくなることはありません。

しかし、ビフィズス菌やサーモフィラス菌だけを培養するのであれば、他のヨーグルトを使った方が経済的だと考えられます。
| ヨーグルトメーカーなどLG21作り方

LG21の作り方


家で出来るヨーグルトの作り方を紹介します。

500Wの電子レンジで5分程度、40度くらいに牛乳を温め、その中に、ヨーグルト菌を入れます。

これは市販のヨーグルトをそのまま使えば大丈夫です。

牛乳500mlに対し、60gぐらいのヨーグルトを入れます。

そして、密閉できる清潔な容器に入れて半日から1日おきます。

ヨーグルトが発酵している間は、その温度を保たなければいけないので、魔法瓶などを使って温度を保ちましょう。

温度は40度より低くすぎるとヨーグルトが固まらず、高すぎると菌がだめになるので注意が必要です。

ヨーグルトが固まったら冷蔵庫で冷やして完成です。

ヨーグルトの作り方の注意点としては容器をちゃんと煮沸消毒することです。

たとえ洗剤できれいに洗っていても煮沸消毒しなければ安全とはいえません。

容器本体だけでなく、フタとヨーグルトをかき混ぜるスプーンも煮沸消毒をしなければいけません。

この作り方で、いろいろな種類のヨーグルトを自宅で作ることが出来ます。

もちろん、LG21ヨーグルトも同じことが言えますが、実際のところこのヨーグルトの作り方で、LG21乳酸菌も他の乳酸菌と同様に増えているかはわかりません。

特殊な乳酸菌の場合は、菌が増殖する方法も特殊な場合があります。
| ヨーグルトメーカーなどLG21作り方
スポンサードリンク

サイバーエージェントFX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。